【感情】前向きなネガティブが人生を幸せにしてくれる

これまで
ネガティブが幸せを呼ぶ理由
として11回ほど連載してきました。

今回の12回目で
このシリーズを一旦完結させることにします。

その最終回となるお話が、まとめの意味も込めて
「『前向きなネガティブ』が人生を幸せにしてくれる」
というお話になります。

前向きなネガティブとは?

前向きなネガティブというのは、
言葉のとおり、
「ネガティブだけど前を向いている」
ということです。

よく
「前を向いているならポジティブじゃないの?」
と誤解されるのですが、
前を向いているからといってポジティブというわけではありません。

不安などにビクビクしながらも、
その不安(ネガティブ)なエネルギーを使って、
これからの人生をより良くするしようとしているからです。

なので、ネガティブな感情を抱えたまま、
前を向くということになります。

「前向きなネガティブ」ってどういうの?

「前向きなネガティブとはどういうものなのか?」
というイメージをしたい場合は、
これまで連載してきた内容を読んでいただけると
わかりやすいかと思います。

自信がないことも
諦めることも
ネガティブな人間関係も
罪悪感を持ってしまうことも
嫉妬してしまうことも
ついついネガティブに受け取ってしまうことです。

これを無理やりポジティブにしてしまうのではなくて、
「ネガティブさを受け入れて、それを前に進む原動力に変えようよ!」
という意味を込めて書いてきました。

ネガティブさというのは、
悪いことばかりでなく、
きちんと人生を豊かにしてくれる力になってくれるのです。

ありのままの自分を受け入れよう!

「もっとポジティブになろう!」
と言われても、元々ネガティブであれば、
ポジティブさを前面に出すことはなかなか難しいかと思います。

ポジティブな言葉を使っていたとしても、
心の奥底では、
「これは自分らしくない…」
「ポジティブな言葉を使っていること自体が偽りだ…」
なんて考えてしまって、
実はエネルギーがものすごく漏れてしまっている、
なんてこともありえますから。

やはり、人はありのままの自分を受け容れないと
エネルギーがどんどん漏れていってしまいます。

だからこそ、
根本がネガティブ気質であるなら
「ネガティブなままでも、前を向くことで人生を豊かにできるんだ!」
と思うことで、
ネガティブな自分を受け入れやすくなるはずです。

ネガティブなままでいいんです。

むしろ、ネガティブだからこそ
人生を豊かにすることができるし、
人生を楽しむことができるんです。

だから、ネガティブである自分自身を受け容れ、
「ネガティブで良かった!」
と思えるような人生を送っていただきたいと思って、
今回「ネガティブが幸せを呼ぶ理由」という連載をさせていただきました。

少しでも、
「ネガティブでもいいんだ!」
と思っていただけましたら幸いです。

まとめ

  • 「前向きなネガティブ」が人生を幸せにしてくれる

  • 前向きなネガティブは、ポジティブのことではなく、ネガティブな感情を抱えたまま、前を向いて人生をより良くしていくこと

  • 前向きなネガティブの具体例は、これまでの記事を参照

  • ネガティブなまま、それを前に進む原動力に変えていこう

  • ネガティブ気質である、ありのままの自分を受け入れ、前を向きながら人生を豊かにしていこう

前向きなネガティブという考え方は
僕が精神的に疲れ切ってしまったときに
非常に役に立ち、また立ち直ってからも
エネルギーを高める意味でものすごく役立っています。

なので、もし、役に立ちそうだと思われましたら、
「前向きなネガティブ」を意識してみてはいかがでしょうか?

きっと、あなたの人生がより良くなるはずですから。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。