【感情】”いま”という時間を大切にしよう

「時は金なり」
なんていう有名なことわざがあります。

「時間はお金と同じように非常に貴重なもの」
という意味ですが、
これはどうにも腑に落ちません。

時間というのは、
お金とは比べ物にならないくらい大事なものだと思いますから。

時間は等しく誰でも1日24時間

時間は誰にとっても等しく
1日24時間しかありません。

お金は増やすことが可能ですが、
時間は増やすことができません。

どんなに大金を積んでも
時間を増やすことはできないのです。

時間というのはとても貴重であり、
認識できている時間は「いま」だけ。

だからこそ、
「いま」という時間を大事にして、
きちんと活用していきたいものです。

優柔不断と時間

前回の記事にて
優柔不断について書きました。

優柔不断というのは、
“いま”という貴重な時間を捨てているようなものです。

いつまで経っても決断できず、
ずっと悩み続けて行動しない。

そんな状態では
時間もエネルギーも無駄にしてしまいます。

どんな物事でも
時間をかければある程度できるようになります。

仮に1日10分の時間を365日続けただけで、
3650分(=60時間50分=2日と12時間50分)もの時間になります。

アニメを1話30分、全12話とすると6時間。

つまり、アニメを10作品観れるということに!

書籍も3時間で読めるのであれば1年間で20冊、
6時間で読めるのであれば、1年間で60冊読めることになります。

10分の隙間時間でも
結構馬鹿にできない時間です。

ですが、優柔不断になってしまうと、
年がら年中「どうしたら良いか…」と悩んでしまって、
決断できないまま時間だけが過ぎていってしまいます。

その無駄になってしまう時間は1日10分どころではありませんし、
悩むことでエネルギー漏れまで起きてしまうので、
集中力まで下がってしまい、
パフォーマンス自体が大きく下がってしまいます。

なので、
優柔不断というのは極力避けたいですし、
“いま”という時間を大事にして、
隙間時間も活用して、コツコツとやりたいことに
時間を注いでいきたいものです。

お金を時間に投資する

「時間は等しく誰でも1日24時間」とか、
「どんなに大金を積んでも時間を増やすことはできません」
なんてことを書きましたが、
お金を時間に投資することは可能です。

電車が良い例ですね。

電車に乗るときにお金をかけますが、
これは目的地に着くための時間短縮です。

電車で20分の距離となると、
15kmとか20kmほど。

大人の歩くスピードは大体時速4kmほどと言われているので、
4~5時間ほどかかる道のりを
500円とかそのくらいのお金で20分まで短縮できます。

つまり、最低でも3時間以上は
時間を好きに使えるようになるのです。

さらに、電車の中では
読書とかスマホゲームとか
何か別のことに時間を使うこともできます。

なので、
電車というのは当たり前のように移動手段として活用されているけれども、
実はものすごく効率の良い時間への投資となるものなのです。

他にも読書も時間への投資になります。

ビジネス書などは
読むことで先人の知恵を借りることができます。

その知恵は
もしかしたら30年かけて形にしたものかもしれません。

ですが、その知恵を1000円とか2000円で知ることができるのです。

心理学とか脳科学とかそういうものは
莫大な時間とお金をかけて研究されているものです。

それをわずか数千円で知ることができるのですから、
信じられないほどものすごく良い投資だと思いませんか?

セミナーや研修に参加するのも
スキルを短時間で身につけるため。

ファッションに対しての投資も
相手から得られる信頼を早めるためとも考えられます。

最近の便利な手軽にご飯が作れる調理家電とか、
お掃除ロボットとかも時間を短縮するための投資とも言えます。

ただ、時間のことをあまり意識せず、
「楽だから」という理由で電車や調理家電を利用したり、
「オシャレが好きだから」という理由でファッションに力を入れたり、
「スキルを身に着けたいから」という理由で読書しているかもしれません。

ですが、そこには
「お金を時間に投資する」という
「時間短縮」が関わってきます。

時間があれば焦る必要もなくなるので
心に余裕を持ちやすくなります。

時間というのは
心にも大きな影響をもたらすのです。

時間を大切に活用するためにも
お金を投資して時間を作り出し、
「”いま”という時間を大切にする」
という意識は持っておきたいものですね。

その意識を持っているだけでも
気持ちが少し前向きになるはずですから。

“いま”という時間を大切にする

「読書をしてスキルを身につけよう!」
と考えたとしても、
読書をしてもすぐには変わることができないため、
短期的には「無駄な時間」と感じるかもしれません。

ですが、それを実践し続けたり、
時間が経ってから、忘れた頃に
「あの内容はこういうことだったのか!」
とわかるときがきます。

そういうときが来ると、
「読書をしていた時間」というのが活きてきます。

なので、
“いま”という時間を大切にするものの、
短期的な視点ではなく、長期的な視点を持つことも
必要なことだと思っています。

“いま”という時間だけに集中すると、
どうしても「いま楽しいこと」「いま役に立つこと」に
意識が向いてしまって、将来何も残らなかった、
なんてことになってしまいますから。

僕の場合は
「”いま”楽をすること」に集中しすぎて、
空白の数年間とも呼べる時間がありますから。

そのときに何をしていたのかあまりよく覚えていないので
もったいない時間だったなぁと反省してます(苦笑)

“いま”の時間を上手に活用するために

“いま”をどのように活用したいかは
将来どうなりたいかで決まってきます。

趣味に時間を費やすか、
夢に向かうことに時間を費やすか。

趣味に没頭するために仕事をしている友人は
とても幸せそうです。

時間ができたら、
旅行に行ったり、ライブに行ったりしていますから。

今年は大人しくしているのかな?と思ったら、
GoToトラベルを利用してご満悦でした。

僕の記事を読んでくださる方は
現状に満足していない方が多いので、
「自分を変える」という方向性で
記事を書くようにしています。

だから、
「自分を変えるために時間を使おう!」
という流れの記事が多くなっています。

ですが、時間の使い方は人それぞれで、
どういう風に生きたいかで
時間の使い方は大きく変わってきます。

趣味に没頭したいのに、
「自分を変えないといけないのかなぁ…」
なんて思って、そちらに時間を使ってしまうと、
本当に求めている潜在意識と表面上の顕在意識が異なるため、
反発してしまい、どちらも中途半端になってしまいます。

なので、まずは
「自分は一体どのようになりたいのだろうか?」
と考えてみて、自分の理想を掲げ、
その後にその理想に向かって
“いま”という時間を上手に活用していきたいですね。

時間というのはお金よりも大事なものですし、
時間の使い方によって心の状態も、
人生の楽しさも大きく変わってきます。

本当に求めていることに時間を使えば、
心の状態も安定し、
楽しい日々を送ることができますから。

だからこそ、
「”いま”という時間の使い方」を
今一度見直してみたいものですね。

まとめ

  • 時間は等しく誰でも1日24時間

  • 優柔不断というのは、”いま”という貴重な時間を捨てているようなもの

  • 毎日の10分という隙間時間は馬鹿にできないが、優柔不断は毎日10分以上無駄にしている

  • お金を時間に投資して、時間を作り出し、”いま”という時間を大切にしよう

  • 短期的な視点ではなく、長期的な視点を持って”いま”という時間を大切にしよう

  • 時間を上手に活用するために「自分は一体どのようになりたいのだろうか?」を考えてみよう

時間は気がついたらあっという間に過ぎ去ってしまいます。

だからこそ、
時間をどうやって使っていくかを明確にして
その時間を前向きに有効活用していきませんか?

時間を有効活用できていると感じることができれば、
心の状態は安定し、
人生もいまよりも確実に楽しくなりますから。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。