己の如く汝の隣人を愛せよ

「己の如く汝の隣人を愛せよ」
というのは聖書に書かれている言葉。

これはあくまで
「自分を愛している」ことが前提のように思えるんですよね。

自分のことを愛していない人からすれば、
「自分のことも愛せていないから、他人のことも同様に愛せないのでは?」
なんて考えても仕方ないのではと。

ここで少し考えたいのは、
「『自分を愛している』とはどういうことなのか?」
ということ。

「自分を愛している=自分のことが大好き」なのかというと、
そういうことではないと思うんですよね。

というのも、

「自分のことはそこまで好きではないけれど、
 こんな自分を選んでくれる人もいるから
 その人のためにも自分を卑下しないようにしているよ」

なんて言っていた友人もいますから。

自分のことが好きではなくても、
周りのために自分のことも大切にすることで、
自分にも周りにも愛を持って接しているなぁと、そう感じます。

こう考えると、
「自分を愛している=自分のことを大切にしている」
と考えることが適切なのではないかと。

「自ら進んで」自分を大切にするのか
「周りのために」自分を大切にするのか。

自ら進んで自分を大切にする人は
自分のことを好きな人が多く、

周りのために自分を大切にする人は、
自分のことを好きではない人が多いのではないかと。

自分のことが好きで、
自分のことを大切にする人には
「己の如く汝の隣人を愛せよ」
という言葉が必要になってくると思います。

自分のことを愛するように
周りの人を愛そう!という話しになりますから。

周りのために自分を大切にする人は、
元々周りには愛を持って接しているため、
あとは自分のことさえ大切にできれば、
自分のことも周りのことも愛を持って接することができます。

なので、
いま自分のことがあまり好きではないのであれば、
自分ではなく、周りに目を向け、
「周りのために自分を大切にする」
という考え方にシフトしてみてはいかがでしょうか?

自分のことが好きではないと、
自分のためには頑張れないはずですが、
周りのためであれば頑張れる。

そう思えるのであれば、
「休むときは休む!つらいときはつらいと言う!
 それがきっと周りのためになることだから!」
なんて、周りのためを思いながら
自分を大切にできますからね。

「自分を好きになろう!」
という話はよく言われることだけれども、
自分を好きになるために行なうことのほとんどは
「自分自身を見つめること」のように思います。

ですが、自分を好きではない人は
周りにいる大切な人にこそ目を向けて、
その人のために自分を大切にすること。

そう考える方が
すぐに自分を大切にし、
愛を持って接することができるのではないか、
と思うんですよね。

なので、
「周りのために自分を愛してみませんか?」
というのが今回のお話でした。

僕自身も今思うと、
周りのために自分を大切にした結果、
自分を大切にすることができたんですよね。

周りの人に迷惑をかけず、
また喜んでもらうためにも自分を大切にする。

これができるだけでもエネルギー漏れは食い止められ、
エネルギーが徐々に上向いていきます。

とても効果的な方法なので、
「やってみたい!」と思われましたら、
ぜひお試しあれ。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。