【感情】正しい反省は自信に繋がる

前回の記事
【感情】「自信のリハビリ」によって自信を取り戻そう!
にて自信について書きましたが、

今回も自信に関連して
「正しい反省は自信に繋がる」
なんてお話をしていきます。

正しい反省とは?

反省というと、
「反省しろ!」
なんて反省を強制される場面をイメージしませんか?

落ち込んだ姿だけ見せるような強制的な反省というのは何の意味もないし、
ネガティブイメージが刻み込まれるため
むしろ害悪と言えます。

反省とは強制されるものではなく、自ら行うもの。

自ら反省することで
正しい反省を行うことができるようになります。

その正しい反省というのは
「反省すべきことの改善点を見出し、次に活かせるようにすること」
です。

つまり、反省というのは
後ろ向きなものではなく、前向きなものなのです。

反省によって自信をつけるために

前回の記事で
「小さな成功体験を味わうことで自信を取り戻せる」
なんてことを書きました。

小さな成功体験を積み重ねるのではなく、
マイナスをプラスに変えるような成功体験を味わっていこう、と。

この反省も
同じような意味合いがあります。

反省するということは、
何かしらの失敗体験があるはずです。

それに対して、きちんと反省し、
改善点を見つけ出して、
きちんと次に活かすことができれば、
マイナスだった記憶がプラスの記憶に切り替わります。

それにより、
自信を取り戻すことができるのです。

なので、反省というのは、
「次に活かすために行うこと」であると同時に、
「行動を改善して自信を取り戻すために行うこと」
とも言えるわけです。

なので、自信を取り戻すためにも自ら反省を行い、
きちんと次に活かすために行動を改善して、
マイナスだった記憶をプラスに切り替えていきませんか?

まとめ

  • 正しい反省は自信に繋がる

  • 正しい反省=反省すべきことの改善点を見出し、次に活かせるようにすること自ら反省することが正しい反省に繋がる反省は「次に活かすために行うこと」であると同時に、「行動を改善して自信を取り戻すために行うこと」とも言える

強制された反省は
ネガティブイメージを刻み込まれてしまうので、
自ら反省を行い、
マイナスだった記憶をプラスの記憶に切り替えて、
自信を取り戻しちゃいましょう!

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。