Twitterやってます

【エネルギー】自分の立ち位置を把握するための「4段階のエネルギーレベル」

よくTwitterで「エネルギー」についてつぶやいていますが、
ここで一旦僕が考える「エネルギー」についてまとめておこうかと思います。

エネルギーの解釈は人それぞれで、
武術とか気功とかどこまでも広げていけるテーマですが、
そういう話は実際に体感しないとイメージが難しいものだったりするので、
あまり踏み込まず、日常生活で考えやすい範囲でまとめていきます。

日常生活で考えやすい範囲とはいえ、
エネルギーという概念を取り入れるだけで、
今の自分の状態や相手の状態を意識しやすくなるはずです。

そのおかげで
感情をコントロールしやすくなったり、
限界まで心や体を酷使することも減ってきたり。

それを意識するだけでも人生がより良くなるはず。

そんな想いを持ちながら書いていきます。

4段階のエネルギーレベル

僕が考えているエネルギーのイメージは以下のようなものです。

こんな4段階がありそうですよね、
といったイメージです。

もっと細かくも分けられますけど、
それはそれでわかりづらくなるので、
とりあえず4段階で示してみました。

エネルギー0を境目にして
ポジティブとネガティブが分かれるというイメージです。

ネガティブにならないためにも
できる限りエネルギーがマイナスにならないように
エネルギー管理をしっかりしたいですね!
と伝えたいのでこのような書き方にしてみました。

基本的には、エネルギー0を境目にした
レベル2かレベル3の方が多いかと思います。

なので、先にそちらから見ていきます。

レベル2:エネルギー-1~(ちょっとマイナス)

この状態はエネルギーがマイナスになっているので、
エネルギーが切れている状態とも言えます。

そのため、色んな出来事をネガティブに考えてしまいがちで、
腰が重く、なかなか行動に移せません。

夜になるとエネルギーは下がっているものなので、
日中はレベル3にいるけど、
夜になるとレベル2になっている方もよくいます。

行動と自制心

エネルギーがマイナスになると自制心があまり効かなくなるので、
ついつい夜食を食べてしまったり、
だらだらとネットサーフィンやら漫画やらで遅くまで起き、
次の日の仕事に支障をきたしてしまうこともあります。

夜中に漫画を読み始め、
「もう時間が時間だからこの1冊を読み終わったら、寝よう!」
と思っていたのに、結局止められず、
最終巻まで読んでしまい、気がついたら外が明るくなっていた…
なんて経験はありませんか?

これはエネルギーが切れてマイナスになってしまっていたから、
自制心が効かず、「面白い!」という感情に振り回された結果です。

エネルギーがなくなると、自制心にエネルギーを注げなくなるため、
「面白い!」といった”本能”に意識を奪われてしまいますからね。

エネルギーの状態による多重人格

エネルギーがたくさんある状態とエネルギーが切れている状態は
「全くの別人では!?」と思うくらい性格が異なったりします。

普段怒らない人でも、エネルギーが切れてしまったために自制心が効かず、
本能が出てしまったため、周りが引いてしまうくらい怒ってしまった、とか。

エネルギーがあるかないかで自制心を使えるかどうかが変わってくるので、
「全ての人は多重人格である」とも言えます。

なので、
「こんなことを言うなんて自分らしくない!」
と思うかもしれませんが、
それは本能がむき出しになっている状態なので、
自分であって自分でない状態です。

だから、「自分らしくない」というのはあながち間違いではないかと。

ただ、いつも本能で生きてしまう状態になると、
それが自分らしさに変わってしまうので、
「本当の自分はこういう自分だ!!」という理想の姿があるのであれば、
エネルギーをできる限り残った状態にしておいた方が良いと言えます。

レベル2の場合は、少しのマイナスにとどまっているため
少しエネルギーを充電すれば、
すぐにレベル3というエネルギーをプラスの状態に持っていけます。

なので、レベル2は
「いかに長くエネルギーをプラスの状態を維持できるか」
を意識したいところですね。

レベル2についてはこんな感じとなります。

レベル3:エネルギー0~(ちょっとプラス)

レベル3はエネルギーがプラスの状態なので、
ポジティブに考えられることが多くなります。

ただ、最初からポジティブに考えられるわけではなく、
ネガティブに考えてしまったことに対して、
「でも、大したことないよね」とか
「でも、こう考えたらプラスじゃない?」とか、
捉え方を変えられる状態にあります。

だから、エネルギーがマイナスであるレベル2の状態だとネガティブに考えてしまう出来事でも、
特に気にしなかったり、ポジティブに捉えられるのがエネルギーが残っているレベル3です。

行動と自制心

レベル3はエネルギーが残っている状態なので、
自制心にもエネルギーを注ぐことができます。

そのため、やりたいこと、やるべきことに力を注ぎやすいのがレベル3です。

ですが、新しいことに挑戦するとなると二の足を踏む場合もあります。

強い刺激によってエネルギーを枯渇させるのが怖い、という本能によるものですね。

新しいことに挑戦することもできますが、
それはエネルギー残量と相談、となるのがレベル3の状態です。

感情が乱されづらく、エネルギーも減りづらい

エネルギーがプラスの状態は自制心にエネルギーを注げるため、
自分らしく振る舞えます。

なので、
「こんなの自分らしくない!」
と考えることに余計なエネルギーを使うこともありません。

出来事に対しても
「特に気にしない」
「これは修行の一環とも考えられる!」
みたいに、フラットやポジティブな捉え方ができるため、
エネルギーも減りづらく、感情が乱されづらくなるのです。

自分らしく自立した人になるために

自分らしく、自立した人になるためには、
エネルギーがプラスの状態であるこのレベル3をいかに長く保持するかが大切だと思っています。

そのため、僕としては
レベル3を維持し続けることが一つの到達地点としても考えて良いのではないかなと。

レベル3を維持させることで、自分らしく、ネガティブに考える機会も激減し、
自制心にエネルギーを注げるため、成長するためにエネルギーを使っていくこともできます。

レベル4を目指すことが好ましいとは思っていますが、
レベル3もとりあえず到達するための場所として考えるとイメージがしやすいから
目指しやすいはずです。

なので、個人的にはまずはレベル3を目指すのがお勧めです。

以上がレベル3についてでした。

レベル2(ちょっとマイナス)とレベル3(ちょっとプラス)は
多くの人が当てはまるレベルだと思います。

ですが、次は「絶対に避けたい領域」とも言えるレベル1(大きくマイナス)に移ります。

レベル1:エネルギー-51~(大きくマイナス)

エネルギーが大きくマイナスになると、
全ての出来事をネガティブに捉えます。

そして、自分を責めたり、周りの人は自分の敵であると考えたりします。

自分を責めたり、周りの人は自分の敵という考え方で固まってしまうと、
ネガティブループが起こってしまいます。

ネガティブループ

エネルギーが充電される時は、
自分の中で楽しいことを考えたり、
友人たちと楽しい時間を過ごしたりする時です。

ですが、その時間を自分を責める時間に使ってしまったり、
会う全ての人に対して敵対心があると、
エネルギーが充電されるどころか、
どんどんエネルギーがなくなっていきます。

そのため、エネルギーのマイナスがどんどん加速してしまうネガティブループにはまってしまい、
エネルギーをプラスに持っていくことが非常に難しくなります。

だから、このレベル1の状態までエネルギーを下げてしまうのは
非常に危険な状態なのです。

何もやる気が起きない

エネルギーがマイナスに振り切っているため、
行動にエネルギーを注ぐことができません。

そのため、何もやる気が起きず、
行動できない状態です。

鬱になると趣味すら楽しめなくなると言いますが、
これは僕も経験していることです。

僕でいうと、趣味であるアニメやマンガにすら手を出せなくなります。

鬱にならずとも、ひどい風邪にかかった時にも似た感じがあります。

風邪を引くと、いつもエネルギーはプラスにあったのに
いきなりマイナスにまで落ち込んだりします。

そのため、考え方がネガティブになり、
「何やってるんだろう、自分…」
と自分を責めてしまったり。

「風邪で休みだからアニメを観よう!」
なんて思っても、つらくて結局そんなことはできなかったり。

そうやって、風邪になって極端にエネルギーが下がってしまい、
ネガティブに考えてしまったり、したいことにエネルギーを注げなかった経験はありませんか?

「もう風邪を引かないようにきちんと体調管理をしよう!」
と宣言し、数日後にはその宣言を忘れていた、なんていう経験も…。

エネルギーが大きくマイナスに触れると、
風邪のようにしたいことすらまともにできず、
ネガティブにしか考えられなくなってしまうからかなり厄介です。

レベル1(大きくマイナス)から抜け出すために

ここまで書いてきたように
エネルギーが大きくマイナスに触れてしまった場合、
ネガティブループが始まってしまうため
抜け出すのは非常に困難です。

自分を責め、周りを敵だと思ってしまうため、
「信頼できる人なんて一人もいない!自分は孤独なんだ」
なんて思ってしまいます。

だから、エネルギーを充電する術がなく、
延々とエネルギー漏れが起きてしまいます。

この状態から抜け出すためには
「他人からの承認が必要」
だと言えます。

承認欲求について

最近はアドラー心理学が広がったことで、
「承認欲求は悪いものだ!」
という考え方も広がりました。

実際承認欲求というのは、
相手からエネルギーを奪うものだったりするので、
良いものではないと僕も考えています。

承認欲求があると
「自分を承認してくれ!しなかったら怒るよ!」
みたいなオファーを出したりしますからね。

だから、承認欲求というのはよろしくないものだと考えています。

ですが、エネルギーが大きくマイナスに触れているレベル1のような状態だと話は別です。

なぜかというと、そもそも自分でエネルギーを充電できないから、
他人からエネルギーをもらわないとエネルギーを充電することができないからです。

自己肯定感について

エネルギーが大きくマイナスに触れているレベル1は自分を責め、周りを敵だと見なしています。

その中でも、自分を責めることは強力です。

最近は
「自己肯定感を高めよう」
なんて話がありますが、
自分を責めているため、自己肯定感なんて高まりません。

そもそも、自分の良いところに目を向けたり、
自分を受容するところに目を向けるほどエネルギーはありません。

「自己肯定感を高めよう!」といった自己啓発系の話は
基本的にレベル2より上の段階です。

レベル1の段階では、自分を責めてしまうため、
自己肯定感を高めるようとすればするほど、
ネガティブループにはまってしまい、
どんどん低くなってしまうのです。

つまり、レベル1になってしまうと自分一人で抜け出すことは難しいため、
他人の協力が必要になるのです。

その他人の協力というのが承認してもらうことであり、
レベル1から抜け出すための第一歩だと考えています。

信頼できる人に承認してもらう

信頼できる人に承認してもらう、なんて見出しを書きましたが、
さきほどもちょろっと書いたように
「周りはみんな敵」と思っているため、
そもそも信頼できる人なんていないことが多いです。

なので、そういう場合はカウンセラーとか
そういう人に助けを求め、
信頼できる人を作ること良いと僕は思っています。

きちんと話を聴いてくれ、
自分のことを理解してくれる方。

そういう方を見つけ、
そういう方から嬉しい言葉を投げかけてもらうことで
エネルギーをいただき、少しずつエネルギーを充電していく。

そういうやり方が必要になってきます。

そういうやり方でないとなかなかこのレベルからは抜け出せないため、
このレベルまでエネルギーを下げてしまうのは非常に危険です。

レベル1(大きくマイナス)の状態は絶対に避けること

レベル1の状態までエネルギーが下がってしまうと、
自分一人の力ではなかなか抜け出せなくなってしまうため、
他のレベルとは大きく異なった性質を持ちます。

このレベルにまで落ちると、
エネルギーを充電するのはかなり大変なので、
「レベル1までは絶対に落ちないぞ!」
という気持ちでエネルギー管理をすると良いかと思います。

そこまで落ちてしまいそうな兆候を感じたら、
その前に誰かに相談し、その兆候を打ち消すこと。

このレベルまで落ちてしまうと、
人に相談することも億劫になってしまいますから。

先程、カウンセラーと関わろうなんて書きましたけど、
それにだってものすごいエネルギーを使うから、
重い腰を上げられず、結局一人で閉じこもってしまう、なんて場合も多いです。

だから、そうなる前に誰かに相談すること。

そして、
「レベル1にまでは絶対落ちない!」
と心に決めてしまうこと。

僕もこのレベルから復帰するのはものすごく大変だったからこそ、
この状態まで落ちないことを切に願います。

と、これが恐ろしいレベル1(大きくマイナス)の話でした。

次は、その逆のレベル4(大きくプラス)の話に移ります。

レベル4:エネルギー51~(大きくプラス)

レベル4はレベル1とは逆で、
ネガティブループではなく、ポジティブループが起こります。

レベル3(少しプラス)だとネガティブなことは考えても
その捉え方を変えて気にしなかったり、ポジティブに変えたりしていましたが、
レベル4(大きくプラス)になると、そもそもネガティブなんてものがなくなります。

一般的にはネガティブな出来事に関しても、
「これは自分を高めるための修行だね!」
なんて全てにプラスの意味を見出します。

だから、そもそもネガティブなんてものがなくなるのです。

「今はつらいかもしれないけれども、将来的に見れば必ずプラスになる」
という考え方でいられるため、ネガティブに考えることがない、
つまり、エネルギーが大きく下がることがなくなるのです。

大きく下がるどころかポジティブにプラスの意味を見出しているため、
一見ネガティブなことでエネルギーを充電できたりもします。

そうすると、好循環が生まれ、
どんどんエネルギーが充電されていくのです。

全てに感謝するレベル4

全てにプラスの意味を見出すレベル4は言い方を変えると
「全てに感謝をしている」
とも言えます。

「全ての人は自分にとって大切な存在」
と考えられるため、
自分には好ましくない人でも反面教師だったり、
ネタとして使えると思ったり、
自分の修行だったりと
自分の糧となるように考えます。

だから、全てに感謝することができるのです。

この状態までいくとポジティブループが回るから、
さきほどのネガティブループにはまってしまうレベル1と同様に
レベル4はなかなか落ちなくなります。

だから、良いエネルギー状態をずっとキープすることができます。

ワクワクと刺激について

新しいことを始めるとしても、
「これは新しい人生の幕開けだ!」
とワクワクしながら行えるため、
その刺激が心地よいものとなり、
エネルギーが充電されます。

「新しいことを始めるなら、内向型には強い刺激なので厳しいのでは?」
なんて思われるかもしれませんが、
ワクワクしながら行うというプラスの意味合いを含ませているため、
許容範囲内の刺激となり、エネルギーを枯渇するほどの刺激にはなりません。

基本的に内向型が受ける強い刺激というのは、
「自分があまりやりたくないこと」
だからです。

自分がワクワクしながらできることであれば、
内向型でも強い刺激にはなりません。

なので、内向型がレベル4(大きくプラス)までいけると、
ものすごい力を発揮できたりします。

そう考えるとレベル4は是非とも目指したいところですね!

こうやって書いている僕もレベル4に達してはいませんが、
周りを見ていると
「不可能ではないなぁ」
と思っているので、僕もレベル4を目指してこれからもエネルギーを充電していきます!

以上、レベル4についてでした。

簡単なまとめ

4段階のエネルギーレベル
【レベル1(大きくマイナス)】

  • 全ての物事をネガティブに捉え、自分を責める。
  • ネガティブループ。
  • 何もやる気が起きず、行動できない。

【レベル2(ちょっとマイナス)】

  • ネガティブに考えてしまいがち。
    エネルギーをプラスに戻すことでポジティブに考えられる。
  • 腰が重く、なかなか行動できない。

【レベル3(ちょっとプラス)】

  • ネガティブなことを考えても
    すぐにポジティブに切り替えられる。
  • 普段のことであればすんなりやれるが、
    新しいことに挑戦するにはちょっと厳しい。

【レベル4(大きくプラス)】

  • どんなこともポジティブに捉えられる。
  • ポジティブループ。
  • 新しいことにも難なく挑戦できるレベル。

レベル1(大きくマイナス)は絶対に避け、
レベル3(ちょっとプラス)を最初の目標とし、
最終的にはレベル4(大きくプラス)を目指していきたいものですね!

「全てに感謝する」
というのは難しいものですが、
それができるようになると、全てが上手く周り始めるはずですよ!

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました!

ひなた(@hinata_tweet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。