【エネルギー】エネルギーレベルから見る自己肯定感と自己受容

今回は最近よく聞く「自己肯定感」についてお話します。

ただ、
「こうやったら自己肯定感が上がるよ!」
とかいうものではなくて、
「自己肯定感という言葉はちょっと使いづらい」
「自己肯定感をエネルギーレベルで見るとこうなるよ」
といった話をしていきたいと思います。

自己肯定感とは?

最近は
「自己肯定感を高めよう!」
なんて言葉をよく聞きます。

僕も昔はそのようなことを言っていたのですが、
最近は自己肯定感という言葉を意図的に避けるようになりました。

それはなぜかというと、
「自己肯定感という言葉は誤解されやすい」
と感じたからです。

自己肯定感という言葉の解釈

「自己肯定感が高い」という状態は人によって色んな解釈があります。

「ありのままの自分を受け入れた上で『自分は価値ある存在だ』と感じている状態」
「自分の存在意義を認めている状態」
「無条件で自分を肯定している状態」
「ありのままの自分を肯定している状態」

などなど。

同じような意味合いが並んでいますが、
人によって受け取るニュアンスが違っていたりします。

僕の自己肯定感の定義

ちなみに、僕の自己肯定が高い人の定義は

「自分の良いところも悪いところも理解し、それを受け入れ、より良い自分になるために前向きになっている状態」

です。

つまり、僕の定義の場合は、
「今のままでも十分価値があるけれども、さらに自分の価値を伸ばしていこうよ!」
という意味合いが含まれています。

これは僕自身の定義なので、
僕の使う自己肯定感と他の方が使う自己肯定感にはやはり誤解が生まれてしまいます。

ただ、僕の定義と異なるから「自己肯定感」という言葉を使いたくないのではありません。

自己肯定感という言葉がマイナスに働いてしまう可能性があるから、あまり使いたくないのです。

“言い訳”として用いられる自己肯定感

例えば、先ほど例として挙げた自己肯定感の解釈。

「ありのままの自分を受け入れた上で『自分は価値ある存在だ』と感じている状態」
「自分の存在意義を認めている状態」
「無条件で自分を肯定している状態」
「ありのままの自分を肯定している状態」

「ありのままの自分」とか「無条件で自分を肯定」とか、
そういう言葉から、
「今の自分から変わる必要がない」
なんて意味合いで解釈されているように感じることがあります。

例えば、
「人前で話すことが苦手だからプレゼンはやりません」
「文書作成は苦手なのでできません」
「電話対応は苦手ので無理です」
などという言葉から誤解されていると感じるんですよね。

苦手なら苦手でそれを訴えることは悪いことではないです。

訴えることで適した環境で適した仕事を請け負うことができるかもしれませんから。

ここで問題と感じているのは
「自分はそういうのが苦手な人だから」
ということを”肯定”してしまい、
それを”言い訳”にして、
苦手を克服しようとか、もっと成長しようという気持ちから
目を背けようとしている場合があるからです。

「ありのままの自分を受け入れる」
という意味合いと
『自己”肯定”感』の”肯定”という言葉で会社k梳いて、
苦手克服や成長といったことから
目を背ける言い訳ができてしまったのかな、なんて思います。

そのような誤解が生まれかねないので、僕は
「自己肯定感」という言葉は使わないようになりました。

その代わりに僕は「自己受容」という言葉を使っています。

「自己肯定感」の代わりに「自己受容」

自己受容の定義は文字通り、

「自分の良いところも悪いところも含め、ありのままの自分を受け入れること」

です。

これだけを見ると、
「自己肯定感とそこまで変わらなくない?」
と思われるかもしれませんが、
僕としては大きく違います。

イメージとしては、
自己肯定感は「ありのままの自分を”プラス”として受け取る」のですが、
自己受容は「ありのままの自分を”フラット”として受け取る」といった違いです。

自己肯定感という”肯定”という言葉からプラスに受け取り、
そこから
「今の自分でいいんだ!もう成長する必要はないんだ!」
という方向に誤解されてしまう可能性があります。

ですが、自己受容は”フラット”に受け取れるため、
「うん、まぁ、今の自分はこんな感じだよね」
とプラスにもマイナスにも捉えません。

自己受容の場合も自分を受け入れているため、
それだけで気持ちが落ち着きます。

そして、悪いところは改善すればいいし、
良いところはもっと伸ばせば良いと、
前向きに自分の成長を考えていくことも可能です。

だから、自己受容は自己肯定感よりも誤解が少なくなるかなと思います。

そして、自己受容という言葉でも自己肯定と似たような意味を引き出せるため
僕は自己肯定感という言葉を使いたい場合は、
自己受容という言葉を使うようになりました。

…と、ここまでがコラムみたいなものですね。

こんな考え方もありますよ、ということで
ここから本題に移ります。

自己肯定感で見るエネルギーレベル

僕は自己肯定感ではなく、
自己受容という言葉を使うと先ほどお話しましたが、
ここではわざと自己肯定感という言葉を使わせていただきます。

というのも、自己肯定感の誤解というものは、
エネルギーレベルによって表れるものでは?
と思ったからです。

そんな話をこれからしていきます。

エネルギーレベルについては、
自分の立ち位置を把握するための「4段階のエネルギーレベル」
を読んでください。

エネルギーレベルが1の時の自己肯定感

エネルギーレベルが1の状態というのは、
ネガティブループが起こってしまう状態です。

つまり、どんな出来事に対してもネガティブに考えてしまい、
そしてネガティブに考えてしまったことで自分を責めて、
さらにまたネガティブに…
というのを繰り返して、エネルギーがどんどん消耗し、
エネルギーがなくて苦しんでしまう状態です。

この時に
「そうか!自己肯定感を高めればいいんだね!」
なんて思ったところで逆効果に働いてしまいます。

というのも、
「自己肯定感を高めよう!」
と自分を見つめたところで、どんな出来事に対してもネガティブに考えてしまうため
「自己否定」に走ってしまうからです。

「自己肯定感を高めよう!」
と思えば思うほど、自己否定に走り、
どんどん自己肯定感が下がっていくという悪循環になってしまいます。

だから、エネルギーレベル1の時に
自己肯定感について考えるのはやめておいた方が良いのでは?
なんて個人的には思っています。

エネルギーレベル2の時の自己肯定感

エネルギーレベル2の状態は
レベル1とは違ってネガティブループは起こりません。

ですが、ネガティブに考えてしまうことも多く、
エネルギーも少ない状態です。

だから、自制心もあまり働かず、
行動しようと思っても腰が重く、
なかなかできません。

そのため、自己肯定感を高めようとすると、
「今のままの自分でいいんだ!これ以上成長する必要なんてないんだ!」
と先ほどお話ししたように自己肯定を”言い訳”に使ってしまうのがエネルギーレベル2の状態と言えます。

「自分は人前で話せない。これがありのままの自分なんだ!」
とこれを免罪符にして努力しなくなる状態です。

この状態に入ってしまうと、
前向きに努力することが極端に減ってしまうので、
エネルギーレベル3に上がりづらくなります。

そのため、
エネルギーレベル2で自己肯定感を高めようとするのも
また避けた方が良いのではないかと思うのです。

エネルギーレベル3の時の自己肯定感

エネルギーレベル3はエネルギーがプラスになり、
色々なことにエネルギーを注げる状態になります。

そのため、感情も揺さぶられづらくなり、
前向きに考えられるようになります。

そのため、
「自己肯定感を高めよう!」
と思った時も、”言い訳”として考えず、
自分の存在価値を認めた上で、
さらに存在価値を高めていこう!と前向きに考えられる段階です。

なので、エネルギーレベル3になって
ようやく自己肯定感を高める方向で動けると言えます。

エネルギーレベル4の時の自己肯定感

エネルギーレベル4の状態はポジティブループとなり、
どんなことでも受け止め、前向きに考えられます。

そのため、自己肯定感とか考えるまでもなく、
自然と自己肯定感が高まっている状態です。

なので、このレベルまで来ると、
「自己肯定感を高めよう!」
とか考えず、その分の時間やエネルギーを別に回してしまった方が良いかと思います。

エネルギーレベルで見てきた自己肯定感

ここまで自己肯定感をエネルギーレベルで見てきましたが、
自己肯定感にきちんと目を向けるのは
エネルギーレベル3のときのみで良いのではないかと思うのです。

レベル1、2の状態はむしろマイナスに働いてしまうし、
レベル4の状態だとむしろ考える必要もないためです。

そう考えると、自己肯定感ってそこまで必要なのだろうか?
と疑問になってしまうのです。

自己肯定感よりも自己受容

ここで自己肯定感よりも自己受容の方が良いのでは?
という話に移っていきます。

自己肯定感はエネルギーレベル3の時だけ考えればよいのではないか?
という話でしたが、自己受容は異なります。

というのも、自己受容は
「ありのままの自分を”フラット”として受け取る」
というものだからです。

エネルギーレベル1の時の自己受容

自己肯定感で考えた場合、
エネルギーレベル1の時は”プラス”に考えようとしたため、
自己否定が出てきてしまっていました。

ですが、自己受容であれば”フラット”で考えるため、
プラスにもマイナスにも考えません。

“事実”として捉えるだけです。

そのため、
「今ネガティブループに陥っている自分がいる」
と客観的に自分を見つめることができ、
感情も揺さぶられず、少し気持ちを落ち着かせられます。

そのため、エネルギーレベル1でも自己受容は有効なのです。

エネルギーレベル2の時の自己受容

レベル2の時も同様です。

自己肯定の場合は”肯定”というプラスのイメージから
“言い訳”として使ってしまう可能性がありましたが、
自己受容であれば、フラットのイメージなので、
客観的に自分を受け入れるだけです。

レベル3、4も同様の考え方なので飛ばします。

自己肯定感よりも自己受容

つまり、ここまで見てきたように
自己受容とは波風立てず、言葉どおりに
「自分のありのままを受け入れる」と言えるのです。

ありのままを受け入れても感情は動かず、
少し気持ちが落ち着いた状態なので、
受け入れた後にどういうことを考えたり、どのように行動するかは好きに決められます。

感情的になってもいいし、前向きに考えてもいいし、
それは自分が考えたい方向に意識を向けたら良いのです。

つまり自己受容とは

「一旦クッションを挟み、冷静になってから方向をどうするか考えることができる」

と言えます。

なので、個人的には自己肯定感を高めようと考えるよりも
エネルギーレベル全てに使え、冷静に対処しやすい自己受容を意識していく方が良いのではないか?
と思っています。

まとめ

以上、「エネルギーレベルから見る自己肯定感と自己受容」でした。

  • 自己肯定感という言葉は誤解されやすい
  • 自己肯定感という言葉は”言い訳”に使われやすい
  • 自己肯定感が有効なのはエネルギーレベル3の時だけ
  • 自己肯定感よりも「ありのままの自分を”フラット”として受け取る」自己受容を意識した方が良い

ここまで僕なりの自己肯定感と自己受容についてお話してきましたが、
初めにお話したように定義は人それぞれであり、
考え方も人それぞれです。

なので、
「この考え方は面白いな~」と思ったら採用してみて、
「自分には合わない考え方だな」と思ったら、
「こういう考え方もあるんだなぁ」と受け入れてもらえたらと思います。

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました!

ひなた(@hinata_tweet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。