【習慣化】悪い習慣を良い習慣に置き換えるための3つのステップ

前回、前々回と
悪い習慣をやめるための3つのステップ
良い習慣を身につけるための3つのステップ
なんてことを書いてきました。

今回はそれらの良いとこ取りということで、
「悪い習慣を良い習慣に置き換えるための3つのステップ」
についてお話していきたいと思います。

悪い習慣を良い習慣に置き換えるってどういうこと?

悪い習慣を良い習慣に置き換えるというのは、
「ネットサーフィンで時間を潰す代わりに読書をする」とか
「お酒を飲む代わりに炭酸水を飲む」とか
「ボーッとする代わりに運動する」とか、
悪い習慣だと思っていることを
良い習慣だと思っていることに変えていくことです。

ここで誤解せずにいてほしいことは、
「ネットサーフィン」や「お酒」、「ボーッとすること」が
悪い習慣というわけではなく、
自分自身で悪い習慣だと思ったら、
それが悪い習慣だということです。

人によっては
「ネットサーフィン」も「お酒」も「ボーッとすること」も
良い習慣だったりしますから。

なので、
「自分自身が悪い習慣だと思っていることを
 良い習慣だと思っていることに変えていくこと」
だと思ってもらえたらと思います。

では、ここから
「悪い習慣を良い習慣に置き換えるための3つのステップ」
についてです。

STEP1:パターンを認識する

「いま悪い習慣を行おうとしている」
と気付くこと。

何事もやはり認識から始まります。

ついつい悪い習慣をやってしまいそうな行動パターンを把握しておけば
「いま悪い習慣を行おうとしている!」
と気づきやすくなるので、
悪い習慣の行動パターンは把握しておきたいですね。

STEP2:パターンを中断・実践する

悪い習慣を行おうとしていることに気付いたら、
それを良い習慣として身に付けたいことに変えていきます。

「いまお酒を飲もうとしているから、代わりに炭酸水を飲もう」
といったように。

「ちょっとボーッとしているな…」と思ったら、
「よし、トランポリンで跳ぼう!」なんていうのも良いですね。

そうやって、悪い習慣を
良い習慣に置き換えていくことが、
パターンの中断・実践となります。

STEP3:パターンを破壊・強化する

STEP1の「認識」とSTEP2「中断・実行」を繰り返していくことで
悪い習慣が破壊され、良い習慣が強化されていきます。

ただ、良い習慣が当たり前になったとしても、
エネルギーが下がってくると自制心が弱くなるので、
悪い習慣がまた顔を出してきたりします。

だから、
「良い習慣が身についた!」
と安心せず、良い習慣が身についたら、
きつい仕事の後など、エネルギーが下がった状態でも
良い習慣を保てるように意識していきたいですね。

エネルギーに関する詳しいお話は
下記のリンクから登録して確認してみてください。

まとめ

悪い習慣を良い習慣に置き換えるための3つのステップ。

STEP1:パターンを認識する
STEP2:パターンを中断・実践する
STEP3:パターンを破壊・強化する

これまで、
悪い習慣をやめるための3つのステップ
良い習慣を身につけるための3つのステップ
なんてお話をしてきましたが、

「悪い習慣を良い習慣に置き換えるための3つのステップ」
なんていうのは結構やりやすかったりします。

「何かを変えたい!」と思った場合、
それをいきなりなくしたり、組み込んだりするよりも
なにかしら代替できるもので置き換えた方が
行動パターンに大きな影響が出ないから
変えやすいんですよね。

時間は24時間と決まっており、
その時間内で僕たちは生きています。

なので、良い習慣を身につけようと思ったら、
その24時間の中で行っているところから
どうにか捻出しないといけません。

なので、悪い習慣かどうかはともかく、
何かしらの時間を削らないと
良い習慣を組み込むことはできません。

だから、その削る時間を悪い習慣だと考え、
悪い習慣を良い習慣に置き換えていくと
非常に効率的なのではないかと思います。

その上で今回の
「悪い習慣を良い習慣に置き換えるための3つのステップ」
というやり方は、習慣を変えていく上で非常にオススメです。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。