Twitterやってます

【内向型】疲れやすい内向的な人のためのエネルギー充電法(非日常編)

思いがけなく、前回の記事
疲れやすい内向的な人のための7つのエネルギー充電法
に追加する形で記事にすることになりました。

というのも、Twitterにも書いたのですが、
昨日大学の頃の先輩から温泉に誘われ、
そこで内向的な人についての話をしていました。

そこでの会話で
エネルギーを充電するにあたって
「非日常」であればあるほど
エネルギーが充電されるのではないか?
といった話になりました。

なので、今回は
「疲れやすい内向的な人のためのエネルギー充電法(非日常編)」
としてお届けします。

適度な休みが必要な内向型

お昼に先輩から突然
「これからドライブのあと、温泉に行こう!」
と誘われました。

会ってからよくよく話を聞いてみると、
「仕事に疲れたから年休もらってお昼まで寝てたけど、
起きたらどこかに行きたくなったから誘ってみた」
とのこと。

先輩も内向的な人で、
以前は疲れても全く休みを取らず、
その結果パンクしてしまい、
今では支障が出そうな時はきちんと休みをとってリフレッシュしているようです。

内向的な人には、
こうやって適度に休む時間が必要ですよね。

すぐにエネルギーが枯渇してしまうのに、
それでも我慢してしまいがちだから
ちょこちょこ休憩しないとすぐにぐったりしてしまいますからね(´▽`;)ゞ

先輩を見ていると、
最近は月に1回くらいはお休みもらっているんじゃないかな?
なんて思っています。

きっと、先輩からすると
そのペースでお休みをもらうのがちょうど良いのでしょうね。

自分のペースを見つけて、
ちょこちょこと休むのは内向型にとって大切なことだと思います。

非日常によるエネルギー充電

さて、ここまではこれまでの復習のようなもので、
ここからが本題です。

前回の記事
疲れやすい内向的な人のための7つのエネルギー充電法」に、
「ホテルは非日常であり、エネルギーを充電しやすい」
なんてことを書きました。

そんな話を先輩にしていたら、
「内向的な人のエネルギー補充に非日常という視点を取り入れてみるのは面白いかも」
なんて思い、そこから掘り下げてみました。

内向型の日常はエネルギーを放出しがち

僕たちは日常の中で生きています。

その日常というのは、
基本的に同じようなことを繰り返していることが多いはずです。

その繰り返しの中には
色んな人と関わる場面もあるでしょうから
エネルギーが枯渇してしまいがちです。

世の中では外向的な関わり方を求められているので、
内向型はそれだけでエネルギーを使い切ってしまうのです。

また、日常という枠組みの中にいると
あれこれ無駄なことまで考えてしまいがちだと思います。

特についネガティブに考えてしまう人はつらいものです。

「あの仕事きちんと終わるかな…」

「あの人はきちんとやってくれるだろうか…」

なんて心配事を家にまで持ち帰ってしまいますから。

内向的な人ってあれこれ考えがちだから、
オンとオフの切り替えが苦手なところがあると思うんですよ。

だから、日常の中に生きていると、
仕事とか心配事から離れたはずなのに、
そのことについて頭の中によぎってしまうことがよくあります。

そうなると、エネルギーを充電しようとしても、
逆にエネルギーを放出させてしまったり。

それでは、エネルギーが常に枯渇した状態になってしまいます。

エネルギーを充電する場所がないのですから。
では、その人達はどこでエネルギーを充電すれば良いのでしょうか?

非日常でエネルギーを充電する

日常にいるとエネルギーを放出してしまい、
エネルギーがなくなってしまうなら、
非日常でエネルギーを充電しちゃえばいいじゃない、というお話です。

非日常はなぜエネルギーを充電できるの?

非日常だとなぜエネルギーが充電できるのか?というと、
非日常に行くことで自然と余計なことを考えずに済むからです。

ネガティブな考えとか
そういう日常的なことを考える必要が自然となくなります。

非日常の世界に入り込むと、
日常とは違った刺激を味わうことになるから、
目の前の”今”を楽しめるようになるんですよね。

目の前の”今”を楽しめるということは、
色々と無駄なことを考える必要がなくなり、
自分の時間を満喫することができます。

オンとオフが苦手な人はなかなかオフモードになれないので、
非日常で強制的にオフモードにしちゃおうよ、ってことです。

よく遊びに行くと
「開放感がある」
なんて言ったりしますが、
実際頭がスッキリするから
その言葉は適切だなぁ、なんて思ったり。

だから、非日常の度合いが高ければ高いほど、
”今”を楽しむことができ、
エネルギーを充電することができるはずです。

前回の記事「7つのエネルギー充電法」から見てみる日常と非日常

前回の記事の
疲れやすい内向的な人のための7つのエネルギー充電法」
にてエネルギーの充電の仕方を書きました。

その7つのエネルギー充電法というのが、

  1. マンガやアニメでリラックスする
  2. カフェで読書しながら考えをまとめる
  3. お散歩をする
  4. ネットサーフィンする
  5. ホテルに泊まりに行く
  6. 瞑想する
  7. 運動する

というものです。

この中でいうと、
「ホテルに泊まりに行く」
というのは非日常であり、
「カフェで読書しながら考えをまとめる」
というのも、ホテルほどではないにしろ、
いつもとは違う場所に行っているからプチ非日常です。

ただし、普段からホテルに寝泊まりしていたり、
カフェに通い続けていればそれはもちろん日常に置き換わります。

だから、日常か非日常かはその人によって異なります。

なので、とりあえずは僕の日常と非日常といった形で見ていきます。

おそらく、多くの人にとってはホテルは非日常だし、
カフェもプチ非日常だと思うので。

「マンガやアニメでリラックスする」
なんていうのは、
家でまったりしていることと変わりないので、
充電効果としては薄めかなと。

映画を見に行けば非日常を味わえるかもしれませんが、
音や人混みという刺激で逆にぐったりしてしまう可能性も。

こうやって考えてみると、
内向的な人は本当に疲れやすいですね(´▽`;)ゞ

その他の項目も基本的には日常的な行いなので、
充電はできるものの、
それほど大きな効果は期待できないのかなと。

ただし、瞑想の位置づけだけはちょっと違うと思っています。

というのも、瞑想って
”今”を意識するためのものなので、
不安とか後悔とかを断ち切る手段とも言えるんですよね。

日常では不安とか後悔とか色んな感情が頭の中でうごめいていますが、
瞑想をすることによってそういう考えを断ち切ることができるのであれば、
それは非日常といっても良いと思うんですよ。

だから、瞑想の位置づけはちょっと異なるかなと。

エネルギーを充電する非日常的な4つ

では、現実的なことで行える非日常的なこととはどんなものでしょうか?

  1. ホテルに泊まりに行く
  2. 温泉に行く
  3. 遠出する
  4. 旅行に行く

なんてことが当てはまるかと思います。

1.ホテルに泊まりに行く

これは前回の記事とかぶっているところですが、
ホテルというのは自宅とは違う空間にいるので、
非日常的な気持ちを味わえます。

そこで思いっきり寝てみるのも良いですし、
ゆっくりお風呂に浸かってみても良いでしょう。

非日常的な一人の時間を思う存分満喫することで
エネルギーが充電されやすくなるはずです。

2.温泉に行く

今回先輩と温泉に行くことで
「温泉っていいな~」
と改めて思いました。

先輩も内向的な人なので、
温泉の中で内向的な人の話を深めていくのは
非常に有意義な時間でした。

温泉に一人で入るのも良いですが、
二人で深めていけるような話をすると
どんどん楽しくなっていきます。

日常のつらいことなんて頭から吹き飛びますね。

温泉の中でも、露天風呂とかに
「寝ながら入る温泉」
的なものがありますが、
そこで寝ながら会話するのが最高でした。

非日常的な場所って
本音を出しやすい場でもあるんですよね。

日常とは違う場所だから、
ついポロッと口にしてしまうなんてこともよくありますから。

だから、そういう場所に行って、
普段は話せない話をしても良いでしょう。

そういう話も温泉に入りながらだと水に流せるというか、
なんか気持ちを落ち着けながら聞ける人が多くなるはずなので、
そこで自分の思いの丈を話してみてもいいかなって。

そうやって吐き出すことで、
エネルギーを出し切った後に充電できることってありますから。

温泉というのは思った以上にエネルギー充電に良い場所かな、
なんて個人的には思いました。

お風呂嫌いな人もいるので
逆に疲れ切ってしまうかもしれませんが、
そういうことがないようでしたら
エネルギー充電という視点を持って一度お試しあれ。

あ、もちろん浸かりすぎて疲れた、
なんて場合は一気にエネルギーを奪われてしまうので、
入りすぎにはご注意を!

3.遠出する

行ったことのない土地に行ってみることも
また非日常の一つです。

僕は遠出をするなら泊まりたいタイプなので、
括りとしては旅行になってしまう人ですが、
先輩はバイクや車で遠出するのが好きなんですよね。

話を聞くとやっぱり精神安定に良いそうです。

人数はやっぱり一人か二人で、
バイクや車を運転することで
頭のモヤモヤが晴れるんだとか。

遠出している最中は
日常のことを考える必要がないからでしょうね。

先輩はそういう時間を大切にして
できる限り確保しているようでした。

身体を休めるためにきちんと有休も取るし、
バイクに行ったり、温泉に行ったり、
自分の時間を作ってきちんと休んでいるんだなぁ、
なんて思ってしまいましたね。

それで今の日常はうまく回っているようで良かったです。

僕はあまり遠出の経験はないですが、
遠出はエネルギーを充電するための方法としてはとても良さそうですね。

4.旅行に行く

旅行は遠出の延長線上です。

非日常だからこそ、
「今このとき」を楽しまなきゃ損ですよね。

せっかくだから、
頭の中で考えていることはそこらへんに放り投げて、
”今”に集中して楽しみましょう!

ただ、旅行とはいっても
ツアーとかは多分疲れ切っちゃうだけだと思います。

ガヤガヤしているし、
声かけられたりして自分の時間を持てなかったりするので。

だから、行くところも1つか2つに絞って、
ゆっくりまったりすることで
エネルギーは良い感じに充電できるはずですよ。

なんて書いていたら、
温泉旅行に行きたくなりました(´▽`;)ゞ

以上、非日常を味わいながらエネルギーを充電する4つでした。

この他にも「登山」とかも良いと思うのですが、

僕の個人的な話で虫とか土とかあまり好きではないので、

僕にとってはむしろエネルギーを奪われそうだから外しちゃいました。

非日常でエネルギー充電する時に気をつけること

嫌だと思うことはしない

上記にも書いたように、
僕は「登山」はしたくないです。

ほぼ確実にエネルギーを奪われます。

以前行った時も身体よりも精神的にぐったりで
次の日もまとも動けずでしたから(´▽`;)ゞ

なので、非日常とはいっても、
自分の好みのものでなければ意味がありません。

あまり温泉が好きでもないのに
温泉でエネルギーを充電しようと思ってもできず、
むしろ放出してしまうだけです。

だから、
「これはエネルギー充電できるよ!」
と言われても気乗りしなければやめた方が良いです。

自分がやって楽しいことをやっちゃいましょう!

現実を活力にして日常に戻る

個人的にはこれは結構大事だと思います。

先輩と温泉に行った時、
先輩はこんなことをつぶやきました。

「あ~、これで今週も頑張れる!」
って。

この言葉ってものすごく大事だと思うんです。

エネルギーを充電できた証だと思うし、
それがパワーとなって次の日に繋がってくれるものだと思うんですよ。

ですが、これが
「あ~…楽しい時間が終わってしまった…
明日からまた仕事か…」
なんてつぶやいたらどうでしょう?

おそらくその瞬間に充電していたはずのエネルギーを
一気に放出してしまうはずです。

なので、現実からは
明日、もしくはこれからに繋げる戻り方をしていただきたいと思うのです。

そうでないと、現実で休憩した意味がないですから…。

これは何に対しても言えます。

アニメを観たあとでも、
休憩でお茶を飲んだあとでも、
「よし、エネルギー充電完了!さて、仕事仕事」
と思うか、
「あー、これから仕事やらなきゃかぁ…」
と思うかでエネルギーが大きく変わってくるはずですから。

なので、
日頃から充電したエネルギーは漏らさないために嫌々日常に戻らず、
そのエネルギーを有効活用するように考えちゃいましょう!

「このエネルギーを使ってどの作業をしようかな?」
みたいに考えると面白くなってくるかもしれませんよ?

まとめ

僕にとっての非日常でエネルギー充電を行えることは以下の4つです。

  1. ホテルに泊まりに行く
  2. 温泉に行く
  3. 遠出する
  4. 旅行に行く

エネルギーの観点で考えてみると結構面白いものです。

非日常の度合いが大きいほど、
”今”に集中できて余計なことを考えずにすむはずです。

だから、
「本当につらいときはこれをやろう!」
なんて決めておくと、
つらくなってきても心の支えがあるから楽になります。

僕は今まで
「ホテルに泊まること」
が一番の充電方法でしたが、
今回温泉に行ったことで、
「温泉で一日ダラダラでもいいな」
なんて思うようになりました。

そうやって、本当につらくなった時にやれることがあると
心は少し軽くなるはずですよ。

この記事は
「僕にとってのエネルギー充電法」
となっているので、参考にしつつ
あなた自身に最適なエネルギー充電法を見つけていただければ幸いです。

そのためにも、
エネルギーがどういう時に奪われて、どういう時に充電されているのか
というのをメモしておくと良いですよ。

そうすれば、エネルギーの観点から見て
「そろそろ充電しておかないと」
なんて考えられたりしますから。

ぜひぜひお試しを。

それでは、今回はこの辺で。

ありがとうございました!

ひなた(@hinata_tweet

2 COMMENTS

Y-Takasugi

ひなたさんの「なんて書いていたら、温泉旅行に行きたくなりました(´▽`;)ゞ」
を見て、私も温泉旅行に行きたくなりました(笑)
この記事を読んで旅行をしたくなった私は、
もしかしたらエネルギー充電をしたい時期にさしかかっているのかもしれませんね。

返信する
hinatamemo

>高杉さん
コメントありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ
高杉さんも温泉旅行に行きたくなりましたかΣ(・ω・ノ)ノ!
そうですね、もしかしたらエネルギー充電をしたくなっているのかもしれません!
もしそうでなくても、心の声に耳を傾けてみると、自分の本心が見えてくるかもしれませんね✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。