【禅語とエネルギー】放下著(ほうげじゃく):すべてを捨ててしまえ

今回はエネルギーを高めるために欠かせない
『放下著(ほうげじゃく)』という禅語についてお話します。

『放下著』という禅語の
「放下」というのは”投げ捨てる”とか”放り出す”といった意味があり、
「著」には”強調”や”命令”の意味合いがあるようです。

そのため、『放下著』というのは
「すべてを捨ててしまえ!」
と意味になります。

『放下著』のルーツについては
お偉いさんが一喝した言葉ということで
詳しくは割愛します。

全ての執着を手放せ!

なぜこの『放下著』というのを取り上げたのかというと、
「すべてを捨ててしまえ!」
というのは
「すべての執着を手放せ!」
と言っていることが同じだからです。

僕はよくエネルギーについて書いていますが
執着はエネルギー漏れを引き起こすものなんですよね。

「恥をかきたくない」
「物を捨てられない」
「挑戦したくない」
「先入観を変えられない」
「周りの目を気にしてしまう」

などと、色々とありますが、
これら全て執着によるものであり、
エネルギーが漏れてしまっています。

ちなみに内向型は執着が強い傾向があります。

少ない人と深い信頼関係を構築していく分、
その人達に対する執着が強い、みたいに。

刺激を強く感じるのも
執着が強いためだったりします。

だから、内向型であれば
執着についてはきちんと考えたいものです。

執着はエネルギー漏れを引き起こす

「恥をかきたくない」と思えば、
恥をかくことをイメージしてしまって、
エネルギー漏れを引き起こします。

「物を捨てられない」場合、
物を捨てたときのイメージをしてしまい、
心苦しくなったりして
エネルギー漏れを引き起こします。

「挑戦したくない」と考えた場合、
挑戦して失敗する姿をイメージしてしまうなど、
エネルギー漏れを引き起こします。

「先入観を変えられない」場合、
相手の言動が受け入れられず
モヤモヤしてしまい、
エネルギー漏れを引き起こします。

「周りの目を気にしてしまう」場合、
周りにいい格好をしようなど、
本来やりたいことではなく、
やらねばならないと考えてしまうため
エネルギー漏れを引き起こします。

このように執着というのは
エネルギー漏れを引き起こし、
エネルギーを大きく下げてしまう要因となってしまうのです。

さらに、エネルギー漏れというのは
単発のエネルギー消費とは違い、
常にエネルギーが漏れ続けている状態なので
知らないうちにエネルギー切れになってしまうこともあります。

そのくらい執着し続けることは危険なのです。

執着を手放すとエネルギーが生まれる

執着しているとエネルギー漏れを引き起こしますが、
逆に執着を手放すと大量のエネルギーが生まれます。

執着を手放すことでエネルギー漏れがなくなるから
結果的にエネルギーに余裕ができるという理由もあるんですが、
執着を手放すと心の余裕が生まれて
エネルギー漏れ以上のエネルギーが生み出されるんですよね。

執着しているものが強ければ強いほど結合エネルギーが強いと考えられます。

執着を断ち切るためには
大きなエネルギーが必要なのです。

やめたいと思っているのに
なかなかやめられない習慣ってありますよね?

あれも結合エネルギーが強く、
なかなか断ち切ることができないと考えられるのです。

ですが、その結合を断ち切ったとき、
そこにはエネルギーが生まれます。

そのエネルギーを自分のエネルギーとして活用できるため、
結果的にエネルギーが高まるのです。

失敗が怖くて挑戦できないと思っていた場合も
その執着を手放すことで
「挑戦することが当たり前」
という感覚になります。

これまで使っていた後ろ向きのエネルギーを
全て前を向くことに使うことができるのです。

後ろ向きに使っていたエネルギーは
エネルギーを減らす方向に使っていたと言ってもいいでしょう。

そのように減らす方向で使われていたエネルギーを
そのままエネルギーを高めていくことに使っていくことができるため、
体感としてはものすごいエネルギーが生み出されたように感じるはずです。

マイナス方向に100のエネルギーを使っていたのに、
執着を手放したことでプラス方向に100のエネルギーを使えるようになったら、
エネルギーが急に200増えたようなものですからね。

なので、エネルギーが高まっているときに
執着を手放してエネルギーをさらに高めていくというのは
とても有用であり、効率的であるとも考えられるのです。

以上、
「禅語『放下著』を意識して執着を手放しちゃいましょう!」
というお話でした。

まとめ

  • 禅語『放下著』に従って、すべての執着を捨ててしまおう
  • 執着はエネルギー漏れを引き起こす
  • 執着を手放すとエネルギーが生まれる

執着というのはエネルギー漏れの原因となってしまうので、
「すべての執着を手放してしまえ!」
という意味合いで禅語の『放下著』を取り上げてみました。

いつも
「執着を手放そう!」
と言っているだけだと味気ないし、新鮮味もないですが、
『放下著』という言葉を使えば少し新鮮味が出るかな、と。

禅語というのは、言い換えとして使いやすいものが多いので
これからもエネルギーと繋げて
記事を作っていこうと思っています。

それでは、お読みいただきありがとうございました!

執着はできるかぎり手放しちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。