【禅語とエネルギー】一掃除二信心:掃除は迷いや不安を取り去ってくれるもの

禅では最初にやるべきは掃除で
信仰や学びなどは掃除がすんでからという教えである
『一掃除二信心』という言葉。

初めに掃除をして心をスッキリさせることから始めるため、
「掃除が何よりも大事」
という考え方なわけです。

掃除の効果

掃除というのは
正直な話、面倒ですよね。

ですが、掃除というのは
始めるまでは面倒でも
いざ始めてみると意外と最後までできたりしませんか?

「トイレ掃除やだなぁ…」
と思っていても、いざ掃除してみたら
「もっとキレイにしたい!」
みたいな。

掃除をしてキレイになっていくのを見ていくことで
気持ちが晴れやかになっていくから
もっとキレイにしたいと思って
頑張ってみたことはありませんか?

掃除が終わった頃には
掃除した場所だけでなく、
心がスッキリしているはずです。

掃除の効果はこの
「心が洗われた感覚」
にあると言えます。

心が洗われ、スッキリした感覚になるから、
そのまま気持ちを楽にして
修行に取り組むことができます。

『一掃除二信心』という言葉は
この掃除がどれほど大事かを表しているのです。

掃除とエネルギー

掃除は心をスッキリさせてくれるため、
頭の中にあるゴミを取り除いてくれます。

つまり、悩みや不安といったものも
掃除をすることでゴミと一緒に取り除いてくれるのです。

そのため、掃除をすることで
エネルギー漏れを抑えることができます。

さらに、掃除をすることで
その場がキレイになります。

それによって、見ているだけでも心地よくなるし、
「私がキレイにしたんだ!」と自信もつくし、
ゴミが無くなったから変なところに意識を奪われることもなくなります。

そのため、
「掃除をすることでエネルギーが高まる」
とも言えるのです。

汚い場所はやはり気持ちが萎えてしまい、
意識していなくても無意識で「うわぁ…」とか思い、
知らないうちにエネルギー漏れが発生してしまいます。

だから、掃除をしてキレイにしておくというのは、
エネルギー漏れをなくす意味でも
エネルギーを高める意味でも
エネルギーで考えるとものすごく重要なことだとわかります。

風水でも
「悪い気を取り除き、運気を招き入れる」
なんて言われたりしますが、
それもこういったエネルギーの流れが関係していると考えられます。

気持ちが前向きになるから、
色んな出来事を前向きに捉えて、
今まで良いことに感じなかったことでも良いことに感じるようになり、
「運気が上がった!」
と感じるようになったりします。

掃除はエネルギーの色んな側面で考えられますが、
エネルギーを高めてくれる働きをしてくれるのは間違いありません。

なので、『一掃除二信心』という考え方に習って
日々掃除をしてエネルギーを高めていっちゃいましょう!

まとめ

  • 禅の教えでは掃除が何よりも大事
  • 掃除で心をスッキリさせよう
  • 掃除でエネルギー漏れを防ぎ、エネルギーを高めていこう

掃除は毎日やるのが面倒と思いつつも、
毎日やらずに放置しておくと
ゴミが溜まってキレイにするのが大変になってしまいます。

だから、結果的には毎日行うのが楽なんですよね。

掃除には心をスッキリさせるだけでなく、
心を鍛える効果もあります。

「掃除は嫌だ…」
と思っていれば思っているほど、
嫌なことに立ち向かう力を鍛えることができますから。

掃除は他のことよりも結果が見えやすく、
「掃除してよかった」
と思えることが多いはずです。

そのため、
「嫌だと思っていたのにやってみたらものすごく良かった」
という印象を無意識に植えつけることができます。

無意識にきちんと植えつけられたらこっちのもの!

嫌だと思ったことでも
「終わった先には良いことが待っている!」
なんて考えて行動のハードルを下げることができます。

なので、
「掃除は嫌だ…」
と思っているのであればラッキー!

掃除を日常生活に取り入れて、
心をスッキリさせるだけでなく、
心も鍛えていきましょう!

以上、『一掃除二信心』という
掃除の重要性についてでした。

良いこと尽くめの掃除を日々楽しんでみてください!

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。