【禅語とエネルギー】看脚下(かんきゃっか):もしものときも慌てず、足元に注意しよう

「足元を見よ」「足元に注意せよ」という
『看脚下(かんきゃっか)』という禅語。

突然明かりが消え、真っ暗になったとしても
まずは転ばないように足元を見ること。

これは何事にも言えることで、
突然問題が起こったとしても慌てずに
まずは自分の足元に注意することから始まります。

足元からくずれたら
全てが台無しになってしまいますから。

「もしものときも慌てず、足元に注意しよう」

『看脚下』は
そんな意味合いを持った禅語です。

足元から崩れないために

足元というのは
すべての基盤となるところです。

足元から崩れないためには
その基盤をしっかりすることが大切です。

では、人の基盤とはどういうものがあるでしょうか?

人格とスキル

ビジネス書(自己啓発書)で
ものすごく有名な『7つの習慣』という書籍。

この書籍の内容は
「スキルよりも人格を磨きましょう」
というものです。

「人格がなければ基盤がしっかりしないため、
 スキルを磨くよりもまずは人格を磨こう」
ということですね。

「いかにモチベーションを上げるか?」
なんてことを学んでも、
そもそもその仕事に対して嫌々やっていたのであれば
モチベーションは上がりません。

その場合は
「主体的に行う人格」という基盤を先に磨く方が
モチベーションは上がっていくし、また、
「いかにモチベーションを上げるか?」
というスキルの効果も倍増します。

他にも
「Win-Winを考えると良いらしい」
と考えて、Win-Winを目指したところで
「自分の利益のため」にWin-Winを目指したのであれば
うまくいきませんよね?

「自分の利益を大きくするために、
 相手にも蜜を吸わせればWin-Winになるだろう」
なんて考えていたらそれは相手に伝わってしまうだろうし、
伝わらないとしても、どこかで矛盾が出てきます。

そのため、その場ではうまくいったとしても、
いずれ足元から崩れてしまいます。

Win-Winを目指すのであれば、
きちんと自分のことだけでなく、
きちんと相手のことも敬う人格が必要です。

そのように人格は人の基盤となるものであり、
人格という基盤を作らなければ
スキルをいくら磨いたところで
足元から崩れかねないのです。

だから、
『7つの習慣』には「人格を磨こう」という
とても大切なことが書かれており、
今もなお名著として売れ続けています。

基盤を固めていく大切さを教えてくれますから。

エネルギーを基盤として固めていく

僕は「エネルギーを高めていこう!」なんてことをよく言っていますが、
エネルギーを高めることは基盤を固めていくことに繋がります。

例えば上記に書いた「人格」も
エネルギーの変化によって多重人格のように人格も変わっていきます。

「ネガティブに考えるようになってきた」
→ エネルギーが下がっているからエネルギーを高めていこう!

「集中力がなくなってきた」
→ エネルギーが下がっているからエネルギーを高めていこう!

「視野が狭くなってきた」
→ エネルギーが下がっているからエネルギーを高めていこう!

なんて、
「エネルギーが下がっているからエネルギーを高めていこう!」
しか書いていませんが、エネルギーの状態を高めることは
自分の内面という基盤を固めていくことに繋がるのです。

エネルギーが下がっている状態は
基盤がグラグラしている状態なため、
ネガティブに考えたり、
集中力がなくなったり、
視野が狭くなったりします。

そのため、そのような異常を感じたら
「ひとまず足元を見る=基盤を確認する=エネルギー状態を確認する」
ということをして、
エネルギーが下がっていると感じたらエネルギーを高めていく習慣をつけると、
基盤がどんどん安定していきます。

臨機応変に対応する

基盤を安定させる、
つまり、エネルギーを高めていくことは
臨機応変に対応することにも繋がっていきます。

『看脚下』の意味として
「もしものときも慌てず、足元に注意しよう」
と書きました。

エネルギーが高まると基盤が安定するため、
ちょっとやそっとのことでは足元がグラついたりしません。

そのため、何か問題が起きたとしても
慌てずどっしりと構え、
臨機応変に対応することができるのです。

だからこそ、
常にエネルギー状態を確認しつつ、
常に高い状態を維持していきたいものですね。

まとめ

  • 足元の基盤を固めていこう
  • もしものときも慌てないために、エネルギーを高めていこう
  • エネルギー状態を常に確認しよう

常に足元に注意することは
常にエネルギー状態を確認しておくこととも言えます。

エネルギーが下がってしまうと、
感情的になって視野が狭くなり、
やってはいけないことをやってしまって
足元から崩れていきかねませんから。

だから、常にエネルギー状態を確認し、
こまめにエネルギーを回復することを意識して
基盤をグラグラさせないことを意識していきましょう。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。