【禅語】『歩歩是道場』:視点を増やし視野を広げることで周囲にあるすべてが学びとなりエネルギーが高まっていく

「周囲にあるすべてが学びとなる」といった意味合いのある
『歩歩是道場(ほほこれどうじょう)』という禅語。

「ほぼこれどうじょう」と読んだりもするようだけれども、
「ほぼ」というのが程度を表しているように感じてしまって、
個人的には「ほほこれどうじょう」と読みたい人です。

『歩歩是道場』は
「日々の一歩一歩すべてが自己を鍛える道場である」
という内容から
「周囲にあるすべてが学びとなる」
と意訳しています。

周囲にあるすべてが学びとなる

「周囲にあるすべてが学びとなる」
と考えることができると、
「無駄な事や時間」という考え方もなくなりますし、
今の環境にも良い意味を持たせることができます。

前回『蓮出汚泥』という
「どんなに悪い環境でも、清く美しく育つものは育つ」
といった禅語について書きましたが、

「周囲にあるすべてが学びとなる」
と考えていれば、どんなに悪い環境でも
「これは修行だ!必要なことだ!」
などと良い意味を持たせて、
エネルギー漏れを食い止めることができます。

なので、『歩歩是道場』という心構えは
持っておきたいものです。

2種類の学び

学ぶことって大きく分けて2つありますよね?

  1. 知らないことを知ること
  2. 知っていることを深めること

書籍で学ぶことは
知らないことを知ることでもあり、
知っていることを深めることでもあります。

実際に行動することは、
知っていることを深めることに繋がります。

多くの学びはこの
「知っていることを深めること」
と言えるのです。

知っていることを深めること

「周囲にあるすべてが学びとなる」
という考え方は
「知っていることを深めること」
に繋がってきます。

「今の環境がつらい」
と感じていたら、

  • 「今の環境を抜け出すためにはどうしたらいいか?」
  • 「そもそも今の環境がなぜつらいのだろうか?」
  • 「今の環境を抜け出さずとも、快適にする方法はないだろうか?」
  • 「つらい環境だからこそできることはないだろうか?」
  • 「今の環境だけでしか学べることはないだろうか?」

など、「今の環境がつらい」という視点から少しずらしてみることで、
考えるべきことが大きく変わり、環境の見方も大きく変わります。

これらの質問に対する回答は
元々自分の心の奥底で知っていたことが出てきます。

つまり、これまでは
「今の環境とどう向き合えばいいか?」は知っていたのに、
視点が「今の環境がつらい」で固定されていたために
本来知っていた答えを出すこともできていなかったのです。

視点を変えて作り出した質問に答え、
さらに深堀りしていくことで、
本来知っていた答えを出すだけでなく、
そこからさらに深めていくことができます。

それによって、良いアイデアが生まれ、
現状を打破する方法が思いつくかもしれません。

そうやって、
知っていたことを深めることでアイデアが出てくるのです。

iPhoneだって当時は画期的と言われながら、
当たり前に使われていた技術を使って
アイデアとして創り出しただけですからね。

そうやって、周囲のことを学びに変え、深めていくことで
これまで意識していなかったアイデアを出すことができます。

そういうことができれば、自信もつきますし、
色々な考え方ができるようになるため、
内面も磨くことができ、
エネルギーも高めていくことができます。

視野を広げるメリット

エネルギーが下がると視野が狭まってしまいます。

それは、エネルギーが下がると自制心を失い、
感情的になってしまうとか、考えるエネルギーがないなどで
視点が固定されてしまうからです。

だから、本来であれば知っているはずの前向きな考え方にも蓋をし、
それを見えなくしてしまいます。

そのため、ネガティブなところにばかり目が向き、
エネルギー漏れが発生してしまうのです。

それを意識的に視野を広げることで、
蓋を開けることができ、
そこからエネルギーが溢れ出してくることだってあります。

だから、エネルギーがないときこそ、
少しでも視野を広げることにエネルギーを注いでみると良かったりします。

少ないエネルギーでも集中的に注ぐことができれば
視野を広げるくらいはできるはずですから。

視野が広がると見えるものが多くなるため、
解決策を思い浮かべやすくなったり、
ちっぽけな悩みの一つの過ぎなかったと気づき、
楽になったりしますからね。

すべてを学びに変えるために

すべてを学びに変えるためには
「視野を広げる」
というのは欠かせません。

現状、学びと考えることができない場合は、
それは今持っている視点が学びと捉えることができないだけで、
視点を変えてみると学びとして捉えることができるはずですから。

少し前に店舗専門でコンサルティングをしている友人から
「リラックスのためにマンガを読むことについて、どう思います?」
なんて質問をされました。

急にこんな質問をされたことと、
彼にしては意外な質問だったので少し面食らいましたが…。

マンガについては
「リラックスすることでエネルギーを回復させられる」
と同時に

「普通では追うことのできない人の人生を追うことができる貴重な娯楽」
だと僕は考えています。

この考え方はなかったようで
「その考え方は勇気や力をもらえますね!」
なんて言っていました。

視点を変えてすべてを学びに変えるってこういうことかなと。

自分で視点を変えられなければ
誰かに別の視点を与えてもらえば良いのです。

僕がTwitterとかブログとかメール講座をやっているのも
「その視点で考えると面白そうだから取り入れてみよう!」
と思ってもらうためでもあります。

そうやって視点が増えることで視野も広がり、
そこから適切な認識と判断ができれば、
エネルギーはどんどん高まっていきますからね。

エネルギーが高まっていけば、
これまでやりたくてもできなかったことに挑戦する力も湧いてきますし、
やるべきことに集中することで結果も出しやすくなります。

だから、視野を広げることもあくまで
「エネルギーを高めるため」
と言えます。

エネルギーが高まれば多くの悩みは解決し、
本当に掴み取りたい人生に近づいていくことができますから。

なので、
「エネルギーを高い状態で維持するためにはどうしたら良いか?」
というのをTwitterやブログ、メール講座でお話しています。

僕自身エネルギーが枯渇しっぱなしで
生きづらい人生を送っていましたからね(苦笑)

一人でも多く
生きづらい人生から解放され、
本当に掴み取りたい理想の未来を手に入れることができたら幸いです。

まとめ

  • 周囲にあるすべてが学びとなる
  • 視点をずらし、視野を広げることでエネルギーを高められる
  • 知っていることを深めようとすることは視野を広げることに繋がる

「周囲にあるすべてが学びとなる」
という考え方は受け入れづらい考え方かもしれません。

今つらい環境にいるときはエネルギーが下がっているため
その環境にいることを学びに変えようなんて意識を
なかなか持ちづらいものですから。

ですが、その場合は、
「今の状況から抜け出したいと思うか?」
ということを自分に毎日問いかけてみてください。

もし、抜け出したいと思うのであれば、
毎日そのように問いかけていることで、
無意識に考えが働いてくれますから。

そして、その問いかけは
「前向きな」考え方へと繋がっていきます。

前向きな考え方がエネルギーを少しずつ高めてくれるため、
「今の状況から抜け出すにはどうしたらいいか?」
と一歩先の質問に入れ替わっていったりします。

そうやって、質問が自然と変わっていくことで
徐々にエネルギーが高まり、
少しずつ前向きでいる時間が増えていることに気づくはずです。

少しずつ前向きになり、
エネルギーが徐々にでも高まってくれば
少しずつ習慣を変えていくことにエネルギーを注ぐこともできるようになるので
理想の未来へと繋がる行動量が増えていきますのでお試しあれ。

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。