【禅語とエネルギー】禅即行動(ぜんそくこうどう):まず行動すること

今回は
『禅即行動(ぜんそくこうどう)』
という禅語についてです。

まぁ、字のごとく、
「即行動しましょうよ!」
ということですね、以上!

…というだけだと取り上げる意味もないので、
話を続けていきます。

「考えるより行動しよう」ってどうなの?

「考えるより行動しよう」とか
「考える前に行動しよう」とか
色んなところで言われていると思うんですが、
これって一長一短です。

僕みたいな内向型だと、
よく考えてから行動しますが、
それでリスク回避ができてうまくいくこともありますから。

「考えるより行動しよう」
という言葉で気になるのは
「考えることは悪」
のように感じてしまうこと。

でも、この言葉の本質って
「考えて行動できなくなっては意味がないから、
 そうなるよりも先に行動しよう」
ってことだと思うんですよね。

つまり、ここでいう
「考える」というのは
「悩む」に近いことです。

「失敗したらどうしよう…」
「○○と思われたらどうしよう…」
なんて悩んでなかなか行動に移せないよりだったら
とりあえずやってしまった方が良いです。

そうやって悩んでいることって
「いずれやらなきゃいけないこと」
「やらなければ周りに迷惑をかけること」
だったりしますからね。

だから、
「考えるより行動しよう」とか
「考える前に行動しよう」とかいう言葉は
「悩む暇があるなら行動しよう」とか
「悩む前に行動しよう」といったことになるかなと。

とはいえ、
「それができたら苦労しないよ!」
という話だと思います。

そこで先になぜ失敗をイメージしてしまうのかを見ていきます。

失敗をイメージしてしまう理由

人は現状の自分で物事を考えてしまいがちです。

というのも、
人は「記憶」によって現在の世界が見えているからです。

人によって見えている世界が違うんです。

だから、同じ出来事でも
プラスに捉えたり、マイナスに捉えたり、
「え?そんな見方聞いたことない!」
なんてこともあったりと、
人によって捉え方が全く異なるのです。

そのため、
「現状の自分でやったら、
 おそらくこういう結果になるだろうな」
というのがイメージでき、

それにものすごい臨場感を持ってしまうため、
行動することに恐れを持ってしまいます。

だから、悩んで行動できなくなってしまうんです。

ただ、それはあくまでイメージしたことであって、
現実に起こるとは限りません。

また、それはあくまで「現在の自分」であって、
「これからの自分」ではありません。

行動することによって成長していくはずなのに
記憶だけに囚われてしまっているから、
成長を計算に入れられず、
失敗が頭から離れないのです。

行動することで見えてくるものがある

行動することによって見えるものが多くなります。

元々できないと思っていたことでも
動いてみたことで見える景色が大きく変わるのです。

例えば、食事制限。

僕はチョコが好きでよく食べていたんですが、
アトピーやエネルギーの問題で
「制限しなければいけないな~」
と思ったんですよね。

今は当たり前のように制限できていますが、
「食べたいものがあれば、それを食べるのが一番!」
というのが昔の考え方だったので、
チョコを食べるのをやめたとしても、
すぐに禁断症状のように食べたくなって、
板チョコを大量買い!なんてこともありました。

一週間我慢したら、一週間食べ続ける、みたいな…。

ですが、そうやって
「チョコを食べないようにしよう!」
と思って実際に行動したことで

「いきなりチョコをやめるのは合わないみたい。
 だとしたら、何か代替品はないかな?」

と考えるようになりました。

そこで、チョコをカロリーメイト(チョコ味)やフルグラに変え、
できるかぎり体に悪い影響を与えないものに変えていきました。

今は甘いものとなると果物がメインで、
ナッツにハチミツをかけたりもしてます。

この記事を書いていて思ったのですが、
最後にいつチョコを食べたのかわかりません。

中毒のようになっていたのですが、
人は変わるものですね。

このように
「チョコをやめる」という行動を起こしたことで、
最初はうまくいかなかったものの
代替品を思いつくことができました。

「チョコを食べないようにするにはどうしたらいいか…」
なんて悩んでいるだけだと見えない世界でしたね。

こうやって行動することで何が変わるかというと、
「見える世界」が変わるのです。

チョコという存在の抽象度を上げて「甘いもの」とし、
その代替品を探した結果、
フルグラとか果物とかナッツとかになりました。

今までは「チョコを食べるのをやめよう」と
チョコしか見えていなかったんですよね。

ですが、行動したことによって視野が広がり、
「いや、チョコ以外にも色々とあるよね」
と当たり前の世界が見えるようになったのです。

そのため、別の甘いもので代用することができました。

「何かを達成しよう!」
と思ったときって、その達成することに執着してしまって、
視野が狭まってしまい、
当たり前のことが見えていなかったりします。

ですが、行動することで
視野を広げることができるのです。

行動することで視野が広がる理由

行動することで広い視野を持つことができる一つの理由は
エネルギーが高まるからです。

言い方を変えると、
行動することでエネルギー貯蔵庫に繋げやすくなり、
そのエネルギー貯蔵庫からエネルギーを引き出しやすくなるのです。
(エネルギー貯蔵庫についてはこちらで配布しているPDFを参照してください)

エネルギーが高まると思考力や判断力が高まるため、
広い視野を持てるようになり、
今まで見えていなかったものも見えてくるようになります。

抽象度の上げ下げもできるようになるので、
これまで見えなかったものがみえてくるのです。

そして、
行動することで広い視野が持てる理由のもう一つは
経験が増えるからです。

プログラミング楽しそう!と思ってやってみたら、
「.」と「,」を間違えただけで動かず、
それをなかなか見つけられないことで時間が取られることを知り、
自分に合わないとわかったり、

ブログを書くのは大変そう…と思ってやってみたら、
言語化するのが意外と楽しくてハマってみたり。

やってみることで、
これまでなかった経験が増え、
これまで知らなかった世界が見えてくるのです。

僕の場合、プログラミングをやる前は
「プログラムを動かすのが楽しそう!」
と思ってやってみましたが、
細かい作業をするのが苦手だったようで、
プログラミングは性に合いませんでした。

そうやって、行動することで経験が増え、
自分の知らなかった部分とも向き合うことができるため、
視野が広がっていくのです。

世界は常に動いている

話を戻しまして、
悩む前に行動するためにも、
「世界は常に動いている」
ということを意識してみてはいかがでしょうか?

過去の記憶に縛られた上で未来をイメージしてしまうと
「失敗してしまうかもしれない」
という恐怖から行動できません。

「失敗すること」に悩んでしまうのです。

これは
「世界が止まっている」
という考え方です。

「世界が止まっている」という考えを持っていると
無意識に人は成長せず、
周りの環境も何も変わらないという前提でイメージしてしまうため、
過去の記憶を元に失敗を作り出してしまいます。

ですが、実際は
「世界は常に動いている」のです。

人は成長しますし、
周りの環境も常に変化していきます。

そのため、行動してみたら
記憶にあるものとは全くの別の世界が広がっている可能性もあるのです。

それは成長した結果かもしれませんし、
周りが助けてくれた結果かもしれません。

もしくは、世界の動きに合わせて
修正しながら行動した結果かもしれません。

世界は常に動いているので、
行動する前にイメージしていたこととは全く異なることも起こるのです。

行動しないと記憶に囚われてしまい、視野は狭いままで
成長もせず、周りもどう手を貸したら良いのかわからないため、
過去の記憶から作り出されたイメージが現実になってしまう可能性が高くなります。

自分も周りも何も変わらないのですから。

なので、
過去の記憶に囚われず、
新しい記憶を構築し、
新しい世界を切り開くためにも
「まずは行動する」という『禅即行動』を意識してみると良いのでは?
というお話でした。

まとめ

  • 失敗のイメージは記憶によるもの
  • 行動することで視野を広げられ、見える世界が変わってくる
  • 行動することでイメージしていた展開とは異なるものとなる

行動することで成長するし、
見える視野も広がるし、
周りの反応も変わっていくため、
世界が大きく変わっていきます。

これが1日や2日だと変化を意識できないため、
「行動しても何も変わらない」
と思うかもしれません。

ですが、これを1年、5年、10年と継続していけば
今の時点では想像できないようなところにたどり着くはずです。

なので、『禅即行動』というのは、
「すぐに行動すること」という意味を持ちながら、
「そして、継続していくことで今見ている世界とは大きく異なる世界を手に入れられる」
という意味合いもあると考えられます。

どうせ行動するなら、
ワクワクしながら行動したいですよね。

そのためにも、過去の記憶に囚われず、
新しい記憶を構築し、
新しい世界を切り開くことに心を踊らせながら
「行動すべきときはすぐに行動する」習慣をつけてみましょう!

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。